高齢者の一人暮らし

最近の高齢化社会に伴い、高齢者が一人で住んでいる世帯が多くなってきました。

配偶者との死別によるものがほとんどですが、ここに大きな問題が生じています。

社会とのかかわりが億劫になり、コミュニティーからも段々と離れてしまって孤独死に至るという悲しいケースです。

独り身になって、子供と同居する人達もいますが、多くは住みなれた街を離れたくはないという思いから、一人で住み続ける人が多いのです。

お年寄りにとって、新しい環境での生活等は、ストレスにもなりかねません。

必ずしも、その場を離れて同居するのが良いとは限らないのですが、万が一何かあった時が不安です。

街のコミュニティーなどに参加していたり、ご近所付き合いがある方は、何かあっても誰かが気にしてくれるケースもあるので不安要素は、減るでしょう。

こういったことから、何かあった時の場合に備えての介護用品や、押せば繋がる電話、家族から通話になる電話等が出てきています。

ソフトバンクからは、勝手に繋がる電話もでており、それを常に首にかけておくというものもあります。

わたしのおばあちゃんは、それを首からかけています。

名に合った時でも勝手に通話になるので安心です。

それも、立派な介護用品ですよね。

動物にも目を向けよう

ここまでは人間の高齢者について書きましたが、「高齢」になって大変なのは人間だけではありません。

あなたの家に動物はいますか?

犬や猫はいますか?

もしいる人ならば肝に銘じておいてください。

動物介護の知識も絶対に必要不可欠なことです。

猫は高い場所に登ったり、犬は走り回ったりします。

全て健康な足腰があるからこそ出来る事。

犬や猫、全ての動物にも老いは必ずやってきます。

私たちの身近にいる犬猫。

彼らは人間と違い寿命も非常に短いのです。

人間と同様、内臓疾患にかかる事もあります。

人間と同様、四股が弱ることがあります。

人間と同様、目が悪くなります。

 

そうなった時に助けてくれるものが「動物用介護用品」

人間と同じとまでは行きませんが、日常生活を補助してくれる介護用品は多数存在します。

足腰が弱った子には動物用車いすや歩行用ハーネス。

寝たきりになった子には床ずれ防止マット。

様々な介護用品が存在していますので、今からでも覚えておいてください。

彼らにとって歩けなくなる事や走れなくなる事は人間以上にストレスになるはずです。

人間は誰かと会話をしてストレスを発散する事が可能ですが、動物は会話が出来ません。

普段と変わりない生活を送れる様に人間が助けてあげましょう。

 

 

そして人間にも動物にも介護の目を今以上に向けてみてください。

 

コメントは受け付けていません。